今年の初収穫です。

最近、雨が降らないのでキノコ全般イマイチです。

気温はいい感じですが雨が足りません。

今後に期待します。


 

前回のキノコ採りはアカギノコだけでしたが、2回目の今日はシシダケが採れました。

このキノコ、見た目からは想像できない香りと美味しさです。

数年前に採った所にキリツケ(木に印を付ける事)をしておいたんですが、まさにキリツケの所にありました。

メェダケ(舞茸)もひと株ゲット。

シシダケは乾燥させてご飯にいれたのが定番ですが、テンプラもなかなかいけます。

今週のお客様には出るかも・・・


途中に オソ の跡がありました。


オソ とは昔の圧殺罠のことで、尾根のウダー(鞍部)に仕掛けたものです。

オソの跡があるということは、その場所が昔から熊の通り道だということですから、見つけたら十分に注意してください。

今年のブナ帯は熊がいっぱいですよ。

なかなか赤ギノコにめぐり会いませんでしたが、今日採ってきました。

色は黄色から赤まであり、今回のは赤でした。

別に画像を加工したわけではありません、元々こういう色のきのこなんです。

さっそく刺身でいただきました。

あと1〜2日早いと”フラフラ”の刺身だったんですが・・・

刺身といってもきのこなので生ではなく、軽くボイルして薄く切り、わさび醤油で食べました。

前に赤ギノコは高い所にでるので採るのに苦労する、と載せましたが、今回は目の高さにあり、30秒で採り終わりました。





今日は昼前から順調に雨が降っています。

”たぎじゃー”の水も増水し、濁りが入っていました。

と言うことはサンショウウオのズーの中はゴミだらけでしょう。

梅雨らしくシトシト降ってほしいものです。
モタシというキノコは秋のキノコなんですが、春にも採れる事があります。

ワケェというのは春のキノコで、檜枝岐では昔から、”春モタシと秋ワケェは食うもんでねぇ”と言われています。

日本語に訳すと旬でないものは食べるなという意味ですが、今年は春モタシが出ているようで採ってきました。

本当は美味しいのに誰も食べないように言ったのか、旬以外は美味しくないから言ったのかわかりませんが、さっそく夕食のメニューに出て、美味しくいただきました。

旬以外でも季候がキノコにあったら出てくるのかわかりませんが、春のモタシと秋のモタシどちらも美味しいです。

でも旬以外に出てくるということは・・・

今年の今後の季候が気になります。

めーだけ(舞茸)や、ししだけ(香茸)もだんだん終わりに近づいているみたいで、これからはカノシタ(左の写真)やモタシ、ノメッコなどが中心になってきます。

きょうはカノシタがあり採ってきましたが、去年と違い今年のキノコは質も量もいい感じです。

今年は春少し寒かったんですが、梅雨の時期には雨が降り、夏は十分すぎるくらいに暑く、秋になって気温も下がりつつあり、キノコにはいい条件の年みたいです。

自然に逆らうことはできませんが、やっぱり雨の降る時期には雨が降り、雪の降る時期には雪が降り、寒い時期には寒く、暑い時期には暑くなるとすべてのことがうまくいくようです。

それが証拠に春の寒さで花がダメだった植物はやっぱり実もダメのようです。

仕事の関係で出たい時に思うように出られませんが、なるべく出てたくさん採りたいと思いますので、檜枝岐にキノコを食べに出かけてみてください。

あとは冬に雪が降り、狩場(狩猟)ができれば言うこと無いんですがどうなるでしょうか。

狩猟者登録の事務作業を昨夜やったので後は雪が降り寒くなるのを待つだけです。