気象庁でも発表していない今年の熊予報をお伝えします。

あまり本気で読まないよう、軽く流してください。




去年はブナ年(数年に一度のブナの豊作)でしたが、今年のブナは実を付けません。

天候も不順で、作物は全体としてやや不良となると思います。

山も同じでやや不良となり、増えすぎてしまった熊の一部は食べ物を求めてさ迷い歩き、運悪く捕獲されてしまう熊も相当数出ると思われます。

大体ブナ年の次の年はこういうパターンで、平成17年はブナ年、平成18年は熊の大量駆除が行われてしまいました。

その平成18年と今年は非常に似ていて、栗の異常とも思えるほどの花と実(まだ実は付いていませんが・・・)、確実に平成18年と同じです。

と言うことは、平成18年と同じパターンの駆除が行われるんでしょうか。




今日の新聞にも熊の目撃情報が載っていて、殆ど毎日数件あり、今年は電車や車との衝突事故も多発しているようです。

今年は街中に出没するかもしれません。

熊も増えすぎてしまったらこうなるんです。

予想が外れることを期待しますが・・・




満開の栗
コメント
コメントする