じぇんめーとはぜんまいの事です。ぜんまい採りの事をこちらではじぇんめー折りと言います。
ブウトーとタス(山菜取りの必需品)とスパイク地下足袋、さらにヘルメットで完全武装し、まだところどころに残雪の残る沢の奥を目指しました。
軽トラを降りて約1時間歩き、2年ぶりのぜんまいとの対面。
2年ぶり? そう言えば去年は足の骨折でこの沢に来ませんでした。
今年はまだ誰も来てない様で、見覚えのある急斜面にぜんまいが沢山出ていました。
でも食べるまでには数日間天日の下で揉んで乾燥させる必要があります。この作業は私の担当外ですがけっこう大変みたいです。
途中で休憩し沢の天然水を飲んで横を見たらシラネアオイが咲いていました。
ブナの新緑と爽やかな風とエゾ春ゼミの鳴き声とシラネアオイで気分は最高。
それにもまして晩酌のビール(今日は発泡酒じゃなかった!!)はもっと最高でした。