16日の画像です。

前日の雪から一転して快晴となり、大規模林道から会津駒、大戸沢岳がくっきり。

駒の小屋とトイレも矢印のところにありますが、見えますか。

山は冬ですから十分な装備でお願いします。
今朝の積雪は約20僉∈シーズン初の本格的な雪となりました。

2、3回はチラチラと雪が舞いましたが、積もったのは初めてです。

今朝は狩猟民族の血が騒ぎ、双眼鏡を持って林道へ出かけて来ました。

姿を確認できたのは雌鹿一頭でしたが久々の野生動物との遭遇でテンションはUP・・・

仕事があったので銃は携帯しませんでしたから、ただ指をくわえて見送りました。

この鹿も寿命が数日は延びたみたいですね〜。

これから檜枝岐へお出でになる方は、自分自身も車も冬仕様でお願いします。





話はガラッと変わりますが、明日衆議院が解散するそうです。

ここで疑問がひとつ。

解散ということは自分の仕事が無くなるということだと思いますが、解散の時なぜ議員は万歳するんでしょうね。

次の選挙で議員の地位が確約できないで職を失うことが万歳するくらいうれしいんでしょうか。

不思議ですね。

私には政治家の心がわかりません。

解りたくもありませんけど・・・
 
今日は、尾瀬の鹿駆除の関係で尾瀬沼まで行ってきました。

お客さんの姿もほとんど無くひっそりで、山小屋も冬の準備が大体終わったようです。

三本カラ松も、もう少しで葉が落ちてしまいます。

私は今シーズン初めての尾瀬で、おそらく最初で最後でしょう。

こんな年も珍しいですね。

シャトルバスも明日で終わるそうで、尾瀬は半年の冬眠に入ります。



大江川から焼山方面



大江湿原から小淵沢田代に向かう橋が、新しくなっていました。

この橋は渡るのが怖いくらいでしたが、こんどは大丈夫です。


撮れたての燧ケ岳です。

昨日の雪で真っ白でしたが、うまく撮れていません。

最近は最低気温が5℃以下で紅葉も進んできました。

尾瀬方面は山小屋や公衆トイレなどが、半分以上終わっていますから確認してお出かけください。

もちろん寒さ対策もお忘れなく・・・

尾瀬は終わりに近いですが、檜枝岐の村内は今が真っ盛りです。


以下は定番の栗とモミジです。
 
新聞やTVでは毎日のように、猛暑日や熱帯夜の報道ですが皆さんの所はいかがでしょうか。

ここ檜枝岐の状況は、最近毎日暑いです。

猛暑日というのは、最高気温が35℃以上の場合だそうですが、ひま人の私は調べました。

過去10年間で檜枝岐の猛暑日は”0”で、最も気温が高かった日でも31.9℃でした。

ちなみに最低気温が25℃以上を熱帯夜と言うそうですが、熱帯夜も”0”でした。

毎日掛け布団が必要です。

でも最高気温が30℃以上の夏日は、ここ檜枝岐でもあります。

しかし夏日の日数は1桁です。

過去10年間では夏日さえ無い年もあり、桧枝岐の人達が耐えられないような日でも長袖で歩いているお客さんを見かけたりしますが、猛暑日を経験している人には檜枝岐は寒い位に思えるのかもしれません。

7月、8月でも最高気温が20℃にならない日も珍しくありませんが、私が猛暑日の場所にいたら絶対に耐えられないでしょう。

檜枝岐でエアコンがいらない理由がわかりましたか。

信じられないかも知れませんが、あと2週間たってお盆を過ぎると寒い朝方などは暖房器具が活躍するんです。




天然のエアコンの効いた檜枝岐でした。